FC2ブログ
先週末、新潟県の尾神岳エリアで開催されたスカイグランプリに参加
参加機体をみればO社のワンメーク、9割り以上を締める勢い
G社も残すところ1機、他社も数機、完全ワンブレンドも間近だ、勢いは止まりません


一矢報いるべく、朝から担ぎ上げ、ハイクアップは競技じゃないけど、パラの原点さ


40キロのタスク発表、速攻スタートしようとしたら、もたついてビリけつテイクオフ


上げきった頃には既にスタートタイム
先頭集団ははるか彼方へ、ここは焦らず雲底からスタート
長いグライドだと、Gyps君は高度ロス、スピードはいくらでも出せるけど、、
なんとかゴールにたどり着いたけど、20番手くらい
ん~、ミニウイングで大会、楽しいんだけど趣旨が違うか?


頑張ったんだけど、前にはでられなかった
たった一回の判断ミスが、結果に出てしまった。歯車が合わない時もあるさ
スポンサーサイト
2017.09.28 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
帰国したら台風がやって来た、18号だったかな
週末のセミナーは座学のみになりそう、参加者のレベルが分からんと内容決めるの難しいんだよ


なーんだ飛べちゃったじゃない、胎内エリアってTO低いけど、よく上がるんだ
一発勝負のサーマル引っかけて、ちっちゃく回せばトップアウト
TO裏の南面リーサイドに乗れれば、裏山へも行き放題


ニューリリースのBGD ECHO、ヤホーと呼べば返してくるやつね。今回のカラーも派手だねー、何色って言うんだろ?
アスペクト5.1とコンパクト、ちっちゃなサーマルだってクルクル回せちゃう
みんなで回せば楽しさ十倍~♪、パラは回してなんぼよ


セミナーも好評?に終わった翌朝
エリア回りをクルクルとペダル回し、そっか僕は回すのが好きだったんだ
道すがら黄金色の稲穂を見ていたら、どこかで見た色みたい
なんとDe Rosaのフレームカラーと一緒だ。実りの秋に解った事でした

機体カラーは分からず終い、、
2017.09.21 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日までの記録的豪雨も上がり
ようやく青空の戻ったローマ空港
午後3時の便だけど、念のために11時には空港へ
これで乗り遅れはないから安心さ


竣工したT1はやたら広い、4車線道路だね
何のために広いんだろ?


トイレの表示も壁一面、外の看板とは100倍違うね


公衆電話は普通サイズ
ロボコンに似てると思わない?


ゲート前のでっかいテーブルで帰国祝賀会
普段は帰りの便だと名残惜しく感じるけど、皆さん満面の笑み
仕事が待ってても、○い奥様がお待ちでも、やっぱり日本が恋しいのでした


まただ~!
機体が来なくて二時間以上遅れるって
止めてくれ~、もう遊んでばかりいませんから、日本に帰して下さい。
ローマでトム・ハンクスにはなりたくなーい
2017.09.13 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いち日の終わり、たくさん飛んで積もる話が溢れる黄昏時


三々五々、晩餐会場へ集い始め
思い々々のアペリテフ


前菜は生ハム盛り合わせ、真ん中は地物のポレンタ
キンッと冷えたプルセッコと一緒に


前菜2はムール貝のトマト煮
くさみも無くて、ムールのイメージが一変


セカンド皿はフンギのリゾット
コメの固さ加減が絶妙、フォークが止まりません


メインは牛フィレステーキ
普段は食べない肉料理をペロッ
赤ワインのグラスが空く間もありません


デサートはマンマ手製のアイスティラミス
ホッペが落ちたのは久し振り

仕上げのエスプレッソに辿り着く頃は、夜も更けていくのです


やっぱり、おやつは柿の種できまり
2017.09.12 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝は帰国の日、朝からシトシト雨が降ってる
帰るにはおあつらえの日だな


ベッキョフォルノのドミトリーおじさん、毎朝カフゥオレをサンキュー


シャワーがビシャビシャになるけど
ご飯は最高に旨かったぜ


順調にチェックインしたと思ったら
もう一度カウンターへ


その訳は、まさかのフライト遅延
ローマからの日本行きに乗れそうもないよ
人生いろいろあるね~


すでに成田便は出発!
今日の便には乗れなかった


トランジットカウンターで待つこと2時間
明日のチケットとホテルを貰って、ホリデイ・インへと向かうことに

明日はローマ見物に行っちゃいますか
2017.09.11 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドロミテが時雨てきて飛べそうにない
ゆっくり朝食を食べたら移動開始
モンチュラショップやらジェラッド食べたり、のんびりドラダへ戻ります


ドラダTOはバッチリのフォロー
マウロのレストランでランチを頂きます


今日のパスタは、木の芽のソース味
確かに葉っぱ味のスパゲッティでした


飛べないなら、マルコ特性フルーツグラッパも飲んじゃう?


グラッパもみんなで飲めば怖くない?
たしかに美味しかった


給仕のベロニカはブルガリアのパイロット
今日は仕事で飛べないんだと


ありゃ、なんか風が入ってきて飛べちゃった
ブッ飛びだけど、風が気持ちよいね~


2本目は、なーんとトップアウト!
雷雨のはずが不思議な天気


雲前で上げてたら、ブロッケンまで現れた


ついでに上げきって隣の尾根にも行っちゃいます

最後のフライトもしっかり飛べたドラダでした
2017.09.11 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は朝から雨降り
天敵のDちゃんを見送りがてらヴェネツィアへ、土砂降りだけどまーいいよね


町には車が入れない、交通手段は水上バスか徒歩


僕らが選んだのは水上タクシー
片道だけならバス往復と変わらない


リムジンぽい作りで運河をユルユル
スリの心配もなくゆったり


やってきたのはサンマルコ広場
と~ても歴史的建造物が建ち並んでるとか
ん~、右を見ても左を見ても、人、人、ひと。目が回りそう(スパイラルより厳しいかも)


超有名なリアルト橋(初めて聞いた)からゴンドラ見物、傘さしても乗りたいものなのか



橋は大きくて店が両側にあって仲見世だね
ヴェネツィアで一番土地価格の高い一等地だそーよ、橋の上には住みずらそーだ


歩き疲れて路地裏のピッツァリア
味はもちろんボーノ、赤ワインがフレッシュ


おみやげにマスカレード、中で手書きで作ってる Made in venezia
日本だと某クラブ女王様で見かけるくらい(行ったことはないよ)


みやげ物トップはこちら、このエプロン付けて料理すればモテること請け合いさ
2017.09.11 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
早朝からの接地逆転層が消える昼前にTOへ
他国のパイロット達も三々五々集って来る


裏山のサッソルンゴはスッポリ雲の帽子を被ってる
雲底予想は2500、山頂まで500は足らない


TOで早めの準備をするDーちゃん、いつもはじっくり派なのに、そそくさと出ようとしてる
おやっ?、近くに置いたはずの機体が見当たらない
Dーちゃん曰く、さっき転がって行ったとな
何ですと~!、機体が勝手に動くはずないだろ(怒)、犯人はお前だ。
(機体を広げる時に引っ掻けて落としたらしい)
犯行現場から早く逃げるつもりだったようだ


全員を無事にスタートさせ(Dの機体も広げた)
谷底へ転げ落ちた機体へ下ります、高さ100mは落ちたな。人なら一貫の終わり、火曜サスペンスになるとこだった
メットは割れてなかった、その場でセットしてスタート
途中2回のタッチ&ゴーを経て空中へ


ギリギリで西面に回り込み、サーマルヒット
サッソルンゴ目指してNova(ローカルP)とクルクル、この瞬間が堪らない



雲底2,500のはずが何故かサッソルンゴ(3,100)をトップアウト
オーストリアサイドは雲の中、ここだけ突き抜けてる


谷の出口まで行くと、カナツェイの山々が、左からサッソルンゴ、ポルドイ、ロッソ、マルモラーダ(雲の中)が見渡せる
ランチに間に合わないから、町中のホテル前に降ろしたら、めっちゃ荒れてた


イタリア初のピッツァはクアトロフロマージュ、やたら旨いのは言うまでもない


看板娘のジュリア、美し過ぎて話も出来なかった(イタリア語をマスターしなくちゃ)
30歳若かったらイタリアンになってたかも?

まっ人生、悪いことばかりじゃないって日でした
2017.09.10 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昼寝から覚めたらジミーがやってきてさっさとスタート
垂直上昇するタンデムを見事に操り、翼端折って急降下、世界ちゃんピョンは違うね
15時前には落ち着いた?
ダミーで出たらリーサイドはエレベーター


これなら真っ直ぐマルモラーダへ行くッきゃないでしょ
南面ダイレクトでサーマルヒット、+8リフトで一気に雲底3200
ひきつった笑顔が素敵


3400mの山頂アタックします、わくわくするっていいよ~
が、敢えなくシンクに捕まり撤退



手前の岩山(どこも岩だらけ)で上げちぎり、雲の前面で3400
意を決して再アタック


突っ込むのは北面か、何やら積雲が現れた!


いやいや、陽の当たる南面が呼んでいる
憧れのマルモラーダをトップアウト!

と思いきや50m足らない、氷河に降りて歩いて登るか?
いやいや、次回に挑戦しちゃいます
2017.09.09 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
コルドデラTOの後方にはサッソルンゴの岩山がそびえてる
3000mを越える山頂からは直角の崖がぐるり、何人たりとも寄せ付けない


風向きは北西、サッソルンゴに雲が出来はじめる
北向TOからスタートして狙いは山裏のリーサイドサーマル



広げた翼の脇をダウンヒルバイクが疾走
彼らと話すと空飛ぶなんて危険とな
しかし、かっ飛んでいくDHバイカーの方が遥かに危なく見えるんですが


調子に乗ってきたHぎー、ちゃっかり一人で飛び出します
さすが世界を股に掛けたプレイボーイ(自称ね)は違います


エキスパート組を残してさっさとスタート
雲底3000からサッソルンゴを目指してアクセルオン


わかっちゃいるけど一気に高度は下がり
目の前に岸壁が迫ってきた


リーサイドの東面に着いたら山頂遥かに

タンデムもやってきてゆるりと上げてく
観光タンデムなら大サービスだね


なんとか上げきれば、オーストリア側が覗けるよ
山の反対側は尖った岩山がニョキニョキ、まるで針山だね
トーマス・マン著 魔の山って、こんななの?


北西が強くなり始め、踵を返して対岸のサッソポルドイを目指して谷渡り
崖上のロープウェイ駅を横目で見ながら、鳥さん達と回します


お昼を過ぎたらトッブランカフェ、みんなが来るのを待ちながら


Tさんのビックランチにビックリ!
ご相伴に預かった生ハムは旨かった


腹がくちたらお昼寝、昼時のサーマルをやり過ごします
2017.09.08 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドロミテのカナツェイへ峠越え
途中のモンチュラshopで瞬速買い
目当てのジーンズを見つけた

朝のLDミーティング
長さ500mはあるから安心?


いやいや真横を送電線が平行に走ってるから、気を抜けないね


TOへはゴンドラ一気にアクセス
パスを買えば乗り放題


テイクオフで久し振りのジミーパーチャー
身障者用のタンデムハーネスを試作中
機体はBGDを使ってる


一本飛んでランチタイム
平打ちパスタのタリアッテレきのこ合え、ざっくり味も景色で味付け


曇天の空の下、最高気温の午後2時スタート
チョー渋いなかをひたすら回して2800トップ、とっても低い?雲底


グルッとエリアを回ってLD上空
谷底だけどバレーも弱くてひと安心でした
2017.09.07 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドラダランチを堪能したら
午後のフライトサポート開始


TOは岩だらけの凸凹、おまけに無風で時おりフォロー
クロス好きのジャパニーズパイロット振り向く間もなく転がります
ヨーロッパのTOは自然のまま、牛の糞を踏まないためにもフロントスタートが基本
クロスには3m/sは欲しいね、無風には糞の役にも立ちません


全員だしたら、レッツフライトたーいむ
雲底着いたら速攻谷渡り、隣の岸壁までドシンク、森林限界の下に着いちゃった
上がらなかったら帰れません、ようやく盛り返したら帰着時間の15時


ランディングに向かってグライド開始
湖がキラキラ光っていい感じ


ドラダの山は扇状、左の山から出てぐるっと右まで
時間切れで右には渡れなかった、次回は行っちゃうよ
2017.09.07 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドラダTOは予想通りの雲の中
雲が開くまで珈琲タイム

あらあら雨まで振りだした
急ぐことはないのでダラダラ


お日様が顔を出してきたから三々五々スタート
雲の合間を縫って飛んでる


遅ればせながらスタート
雲を避けながらあちこちと
昼過ぎには皆さんLDへ向かったところ

ちゃっかりトップランチにおりちゃった
お昼は鱒のスパゲッティ、冷えた体を赤ワインで燃やします
やっぱりイタ飯って最高だよね
2017.09.05 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
時差ボケの朝は早い、のにサマータイムのイタリアは中々明るくならない


散歩に出たけど朝陽は出てこない


気温は10度、いやー寒くないかい
標高800mは侮れない


街中の電線は裸電線、触れば一発アウト



村のお家はどこも小綺麗
ゴミ箱ないのにゴミが見当たりません


ホテルの看板も洒落てるし


ピザ屋の看板だってイタリアンでしょ
看板に写真やカラフルな文字は使わない、これがカッコいいんだな



散歩するとお腹が空いちゃう
パンは硬いけど生ハムには合うんだな
ついつい食べ過ぎちゃうけど気にしないよ
2017.09.05 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
イタリアに来たらやりたい事は
そりゃ~美味しいパスタを食べること


おっとその前に飛ばないといけません
Doladaエリアはアルパゴにあって1500mのTOへは車で行けちゃう


まずはK君がダミーでスタート
西が強めだけど飛べそう
数人が出たら、風が鳴り出してストップ


テイクオフ横にある山小屋レストランで風待ち、泊まりも出きるそな


お昼時になったのでランチを頂き
ここのパスタは天下一品


クルクルパスタのポモドーロ
こいつを食べるのが夢だったんだよね
めっちゃ、ボーノです


さらに豆スープもいただいちゃう
絶妙の塩加減でペロリ
も~何も入りません、エスプレッソで仕上げ
ランチをしてたら、雲が張ってきて良さげ


強めの西かぶりだけど、リーサイドはバンバン
雲の下は気を抜くと回りは真っ白に
TOからみんなの熱い視線が注がれてる

おっといけない雲底じゃ
そそくさと翼端折って離脱しなくちゃ
横には岸壁が待ってるかる方向を確認してと


あー寒かった、9月の空は一桁気温
冷えた体を暖めるにはビールでしょ?
LD横のbarで一気に飲めば、夢の世界へ直行さ

帰り道にはジェラッド屋によって
ダブルを頬張り、お腹いっぱい夢一杯

イタリアのいつものフライトが過ぎて行くのでした
2017.09.05 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
マルペンサ空港近くのホテルで一夜を過ごし
一路バッサノエリアに向かう道中


高速道路は大渋滞、稲妻が荒れ狂い、轟音と共に白い礫が降りだし辺りは真っ白に
うひょ~雹が積もってる


昨日の嵐が嘘のよう、穏やかに晴れたバッサノエリア
ここは珍しく入山手続き(7ユーロ)が必要になってた


混み合う中段TOをパスして、トップのチマ グラッパTO
ランディングは当然見えません、GPS任せで向かって貰います(三人たどり着かなかったけどね)


雲底2200、ドロミテの針峰群まで見渡せちゃう
裏山は世界戦のフィルトレTO
しっかし寒い、冬手袋でも痺れてきます

上げきって向かうのはモンテグラッパのモニュメント


真上に行くと大きさに圧巻されます
大戦の慰霊碑?だけど山全体を覆ってる
宇宙船の基地に見えるのは僕だけ?
イタリア人て巨大建築を造るのが好きなんだな~


小雨が降り始めたので速攻LDへ
クルクル落ちて行ったら墜落と間違われたみたい


皆さん無事に集合、LD担当のK君お疲れ様でした
今回は客人なので、お気楽フライトしてます
2017.09.04 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近は硬いのから御無沙汰の貴兄に朗報、MITで新薬が開発されたらしい
って話が違うって、翼の話ですよ

巷で話題のN社のファント◯、アスペクト5なのにクラスCの実力
浮きよし走りよし安定よしと三拍子
値段が高いのはご愛敬、安かったら空がN社で埋まっちゃう


こちらも噂のリトルクラウドGyps、アスペクト7の最新鋭、クラスDなのにMinウエイトはクラスAという変わり種
浮きホドホド(小さい)、走りは抜群(スピード命)、安定(ピッチは抜群、ロールは、、)?、値段はお得感満載
性格は似ても似つかない翼

違いはこれなんだ、かたや100リーム、かたや60
堅くするにはリムを増やして剛性アップ、翼の平滑性も向上するから性能アップ


フルバテンを入れるのもありだね
硬くなれば、高速が伸びるからさ
重くなるのとパックが大変かな
直に軽量形状記憶バテンが開発されるはず

柔らかいのもいいとこはあるんだよ
2017.09.01 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
暑かったね~今年の夏は
なーんて事はまったくなく


大変よく降りました、お日様を見た日が思い出せない
水不足も困るけど日照不足は効果適面、フライヤーの足に根っ子が生えちゃう


でーもタンデムなら問題なし?、回りじゅうから雨が来たってへっちゃら
アスペクトの小さい機体は、雨でも飛べる?(落ちなかったとも言う)
お客様にはスプラッシュマウンテンみたいでしょと、
「雨粒が痛くて目が開けられません」ですって


たまに日がでると、なるべく長く飛びます。ぐっしょり機体を乾かすには飛ぶのが一番よ


夏の夜、近くの村祭りにやってきた
なんか人出が少ないような、雨予報だから?
ひとしきり美味しいビールを頂いたところでザーザー降ってきた、温泉入ってやり過ごします


雨が降らなきゃ早朝自転車、路面はツルツル、下りは泥はねでお尻真っ黒、顔まで泥パック
藪こぎしてたら全身虫刺され、いったい何が楽しくって走るのやら


こんな日でも、お客様はいらっしゃいます。雲間を縫って下界へ降り立てば、感動した面持ちのお客様から、「素晴らしかった」の一言

夏の想いで作りに、一役立てた雨の8月でした
2017.09.01 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top