FC2ブログ
台風一過、空には雲1つなし
普通の台風通過後は南強風
しかーし、へそ曲がり台風10号は違う?
予報では南は弱いらしい、よーし登っちゃう


TOから抜けるような青空、雲が矢の様に飛んでいく


TOの風は良さげだよ、準備開始~~
さーてスタートしますよ
なーんとゴーゴー木が鳴り出しました



山が鳴ったら飛ばないよ
ハイクフライの大事な決まり事、無理なフライトはしないのさ
下りは楽チン、と思ったらツルツル、すってんころりん楽ではありません
スポンサーサイト
2016.08.31 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夏も終わりが近づく頃
風速計設置予定のエリアへ設置ヶ所の最終確認



エリア主のM翁が付き合ってくれました
TOのどの風を知りたいのか、本流?ブロー?、取り付け位置の選択って難しいね
本流だけだと、いっつもフォローで飛べなくなっちゃう、エリア特性を見極めて決めなくちゃ


せっかくTOに上がったから飛んじゃいます
T高速からのサーマルに乗ってクルクル、いつもより多く回っております


低めの雲底に到着です、回りにはだーれもいません
平日の気だるい午後のフライト、なんか寂しいのは夏の終わりだから?
ひとりXCは楽しいけど、ボッチのフライトは楽しくないぞ
どんな渋くたってブッ飛びだって、仲間と一緒だと楽しいさ


エリアの写真を撮ったらフライト終了
M翁とランチに行こう!
2016.08.27 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お盆明けの暑さも残る十分一エリアへ
第二戦となるアキュラシー大会が熱く参戦するのさ


とはいえ、パイロンレースと違って争う相手はおりません
ひたすらターゲットを狙って大空から舞い降りる鷹のように


アキュラシーに適した条件は、1日の気温差がなく、安定した一方向からの風で強弱なし、日射は寒くない程度。
適さない条件は、不安定な風、サーマル条件は論外、なんせ回したくなる衝動に勝たなければならないのです。

テクニックで大切なのは、失速フライトのコントロール、強めの風だと30mは真っ直ぐに垂直降下して、きっちり5センチ以内を踏んでくる


僕はと言えば、30センチのパッド目指すが、一度も、、
アキュラシー、遊びじゃ勝てない、奥が深いぜ
2016.08.25 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本列島が台風余波で大雨や強風
こんな時は北陸へ行ったら飛べるかも
やってきたのは石川県獅子吼エリア


TOにはオGもタンデム、最近よく一緒になるんだな
さすが夏休み、お子様がわらわら飛びに来るよ
たーくさんお客様がいるのに、風はずーとフォロー
さーどうしようか?、ここはヤッパリ止めるか
いーや、ファイト~一発!、無風(ほんとかな)のタイミングで一気に下まで走り抜け
見事、一日中飛んでしまいました
次回はリポDの差し入れ持ってかないと

2016.08.19 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お盆タンデム強化週間も一段落
いやー今年は天気に恵まれ飛びました
いったい何回やったかな


早朝は降らないみたい、では走りに行っちゃうよ
街中は城下町の面影が残り、造り酒屋が早朝からやってます


引戸のガラスはピッカピカ、🐮モーモー柄の馬さんが散歩中


パンの焼ける香りを辿ってきたら
パン屋さんがオープンしてる
雨降り前に走るつもりだけど寄っちゃう


とっても洒落た店内は、TO見ながら珈琲も
昨夜の映画は外れたけど、今朝は大当たり
犬も歩けば、、でなく、馬だって走れば当たるのさ

ゆっくりし過ぎて、帰り道はどしゃ降り、パンツまでビッショリ
あっパンツは履いてなかった
2016.08.17 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月、夏真っ盛り、富士山で涼もうかと計画したら、台風発生で海まで飛ばされそうな予報に断念
それなら影響のなさそな東北先端まで行っちゃえ~、ついでに山飛びも出来るじゃん
なーんて考えてたら、山飛び仲間から消臭案内がやってきた


早朝5時、準備万端でハイクアップ開始、回りは若者逹もたくさんいる。日本の未来も明るいぞ


山腹には日光キスゲがまっ黄色、鳥海キスゲは咲いてないのと尋ねれば
こいつは日光キスゲと決まってるんだって


お次は鳥海紫リンドウと呼んでたら
何やら違うらしい、まっ花の名前を知らなくたって飛びには関係ない


外輪2,200、4時間?ほどで到着です
あれっ?二人足りないよ
どうやら途中の雪渓からスタートするみたい


ガレ場のTOへ移動して、高山植物を踏まないようにね


サイドの風をもろともせずに
一発必中でテイクオフ、普段からの練習が実る瞬間


飛んでしまえば、やったーと叫んじゃう
山飛びの至福の瞬間です


着陸予定地点を余裕でクリアー
海まで飛んでも600!もありました
偉大なるブッ飛び30分、止められませんね
2016.08.16 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
茨城県の朝は熱い、早朝6時だというのに30℃
エアコンかけて二度寝もいいけど走りに行っちゃうよ


稲には実が付き始め、秋に向けてスタートダッシュの準備万端
僕はと言えば、来週のヒルクライムに向けて準備まったく、果たしてゴール出来るか?


エリアに着いたら怪しい風が吹きまくり
こんな日に飛ぶやつの気が知れません
でーも登っちゃうんだよ、大汗掻いてTO、正面のいい風じゃん
えーい飛んじゃえ~


リーサイドのどっかんサーマルで一気上がり
荒れてるけど、にこやかにパチリ、両手は絶対離せません


LD上空には余裕の高度できたのに
あっというまに400m垂直降下、レスキューで降りるのと変わらないかも
田んぼアートのこまちちゃん、強風で髪がなびいて上向きだ
はーなんとか地面に着きました、わかっちゃいるけど止められないのは何故?
2016.08.10 Wed l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top
関東平野は真夏の逆転層に覆われ
ジリジリと照りつける太陽エネルギーを溜め込んでる


地表よりは空の方が涼しいだろと
千メートルはあろうかとTOへやってきた
しばし雲底で涼をとるかと勇んで飛び出してみたが
減率の悪さに勝てるはずもなく、敢えなく地上の人へ


毒を食らわば皿までかじるか!
熱いときは汗をかけば、気化熱で涼しくなる?
なわけもなく、大汗掻いて一山登ったら、カラカラに干からびてしまった夏の午後でした
気温35℃、ひまわりさんも項垂れ気味、村内放送から外作業には注意と流れてきたよ
2016.08.09 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
悔しい思いを胸に、ゲートオープンと同時にスタート
なにをするにも始めが肝心、渋くても先に出て、苦労は買ってでもしなくちゃ


回りに誰もいない、一人で上げてくって最高だね
こんな日は、ポイントになり尾根に行ってサーマルチェックするのさ
スタート前の一時間は、減率チェックや本流確認やら忙しい、ボケッと飛んでる暇はありません

スタートしてからはフライトに集中、回りは気にせずひたすらゴール目指してアクセル全開
無事にゴールは5番手、シリアルトップ!は気持ちいいぞ
なーんだ、やれば出来るじゃん


踵を返してエリアにリターン、Sちゃんの回収手伝いに向かいます
先に登ってるKヤンご苦労様、両手が回らない杉の木は手強かった


無事に回収してパチリ、先端はやたら細いけど折れないの?
大丈夫、先っちょに登る時は、肺に空気を一杯すって、身体を浮かすようにすれば平気だよ!?
2016.08.07 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大会初日、今日も晴れ、抜けた空に雲がポッカリ
朝早くから皆さん準備に余念がありません


開会式は議員さんまでいらして、盛大に執り行われ
ゴンドラ始発に合わせてTOへ一斉に移動
僕も作業の遅れを取り戻すべく、一番に乗り込みます


付いたー、苦労の甲斐あって無事にクランプ装着
作動確認も済んで、ゼロ点補正はゴールした後にやろっと


知らないうちにセーフティーコミッティになってた、まっ今日は穏やかそうだし、出番はないでしょ
スタート前にしっかり上げきって、のんびりスタートを待ってます


あちこちにサーマル雲、雲底も高いし、ゴールは楽勝だね
なーんて思ってたら、ゴール手前で雨が降り始めた
えーなんで降るんだよ~、風は当然吹き下ろし、あっというまに高度は落ちて、アムロ君と一緒に降ってしまった
しばらくすると雨は上がり、後続組みはジャジャカGoal!

やっぱり、大会は集中力が勝負、朝から作業なんかしてちゃ勝てませんね
2016.08.07 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
梅雨が、明けたよ~
絶好のフライト日和、風速計取り付けにもバッチリ
さて仕事と飛び、どっちが先か?


獅子吼の空はご覧の通り
あっちにもこっちにもサーマル発生


パイロンのダムだってひとっ跳び
20年前に苦労してたどり着いたのが嘘みたい


なーんて飛び歩いていたら夕方に
風速計の取り付けしようとしたら、なんとボルト長さが足りません
買いに走るが時間切れ!
まっ明日の大会前に取り付けよっと


せっかく登ったんだからフライダウンしちゃう
あれっ一緒に飛んでるのはM字さん
ダウンロードをほっぽらかしてビュンビュン飛んでる
やっぱり飛ぶのが好きなんだね~

翌日の大会前に仕事、集中出来るでしょうか?

2016.08.02 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top