FC2ブログ
ようやく普段?の生活に戻りつつ
早朝から近所の寺へやって来たのは


これ当家の菩提寺、組内の爺さんがなくなって葬儀にきました
久し振りに見る近所の方逹、が誰だか見分けがつかない名前も分かりません
んーここは知ってる振りして挨拶してと
終わったらボロが出ないうちに退散しちゃおっと
坊さんとは同級生、むかし喧嘩して お前には経は頼まんと、菓子折りを突っ返してから話をしなくなった
今日も目を合わせることはなかったぞ
まっ門前の小僧に読んで貰うからいいさ


久し振りに映画館、子供達がわらわら
いーなー今の子は映画館で来れるんだからさ
町になんか行ったことないから、映画あること知らんもん
夏休みは朝から晩まで裏山で、動物取りの罠作り、テリトリーは1キロくらい
ときどき隣村に遠征すると、見知らぬ奴らに出くわしてビックリしたなー

映画はインディペンデント、見知らぬ奴らが地球侵略にやってくる
んっこれって誰かに罠を壊された時と一緒だ
世界ってやつは因果応報?

あっ映画は吹き替え版だよ、鈍った頭に日本語は優しいね~
スポンサーサイト
2016.07.27 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
自称バリオ蒐集家(Mさんは別格よ)の僕が、一目で惚れてしまった逸品?
見付けた時には足が貼り付いて動くなくなったよ
何がそんなに凄いかって、超高精細地図表示、前方地表面温度センサー搭載しホットスポットをマップ画面にリアルタイム表示、有限要素理論に基ずくサーマル発生率をピンポイント予想。データSIM装着で、目的地方面の気象データリンクにより、的確な移動スピード&方向性支持機能搭載。
これさえあれば、パイロットはグライダーコントロールに専念、モニターに映し出されるスポットに向かってサーマルゲットだ!
あれっどっかで見た風景だよ、そーだポケモンGOと変わらんじゃん。
飛ぶのって自然と戯れるから楽しいのよ、VRもいいけどリアルがいいよね


ジャーン、僕のお気に入りは左側のピーナッツバリオ、機能は音だけ、凄い機能なし。でもケースは木製の削りだし、裏カバーだってアルミ加工、このこだわりに惚れてしまった。
って飛ぶのにゃ関係ないでしょっ!、いーのよ好きってこと理由は要らないのだ
2016.07.26 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いつもなら熱い~となるところが
気温が30度以下、湿度だって80%ない
こんな爽やか日は飛びに行くっきゃないでしょ(散々飛んできたのにまだ飛ぶか?)


なんつったって新型?Base Lightが入荷とあっちゃ、飛ばんわけにはいきません


僕にピッタリ?の爽やかカラーは、下面27gの軽量素材のお蔭
生地とライン変更で1キロ近く軽くなってる
そんなの体重1キロ落とすのと変わらんじゃん、なんて思うなかれ
フライトフィーリングの軽やかなこと申し分なし
多少のライフタイムが短くなるのは気にしない


ひとたび飛び立てば、弱~いサーマルをヒラリひらりと軽やかに回り
いつの間にやら雲底へ、霞に囲まれ景色が薄らいでいく
時差ボケで意識が遠退いたかと思ったら、雲が湧いてきたのでした
グローブ無しの手が寒くなり、雲に巻かれる前にLDへ
高度処理はロールからスパイラルまで自由自在、なんて楽しい機体なんだろ
ブルースにお礼を言いに行かなくっちゃ
2016.07.26 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昼過ぎには全行程フライト終了
今年もあっちこっち(AUアッヘンゼー)も飛んでた


谷風が左と右でぶつかる難しいエリア
ローカル逹も近づかない


上げきれば裏山はX―Alpsの通り道
確かにあちこちで雲が渦巻いてる
本物のアルプスが気軽?に味わいたいなら行って下さい

さてさて荷造りも済んだし、後は、


これっきゃないでしょ
アッペンツェル 地ビール、無濾過の混じりッけなし、やたら風味が濃厚、チーズが進みます


夕飯一皿目はアッペンツェルソーセージ
本物?の輩には本物の味、リンゴソースが合うから不思議


完熟トマトのバルサミコ掛け、敢えてモッツァレラでなくアッペンツェルチーズを少々


メインは地物の鱒、ピカタで両面じっくり焼
淡白な味がシャルドネを引き立てます


デザートはバニラ風味のムース、木苺の酸っぱさが刺激的

夕方から辺りが赤く染まるまで、スイスの黄昏時は続く
って呑んでたら暗くなっただけ、まっ終わり良ければすべて良し
来年もスイスキャンプやっちゃうよ
2016.07.24 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スイスの天気は気まぐれ、晴れてたはずが土砂降りに
平野とアルプスではまったく違ったり
気象会社の予報だって晴れもあれば雨もあり
ならどうやって決めるかって、そりゃー下駄を投げて決めるのよ


なことはしませんよ、目星を付けたケーブル乗り場に行って
まずは現況確認、山頂データも分かるから減率も確認して


毎時予報だってあるよ、寒気が入って気温が下がるから雷だね
ならば、早めに上がって昼までに飛んじゃえ



テイクオフに着いたら、まずはエリア整備開始
スイスで危険な事は、強烈なサーマルでもバレーウインドでもない
もっとも危険な事は、牛さんとの衝突!、機体ごと引き摺り回され命の保証はないのです


広~いランディングには、僕らだけさ
弱いサーマルに乗って岸壁スリスリ、浮いてるだけでもハッピー


唯一、地元パイロットのサミュエル君
こんな日に飛ぶやつは、ここらにゃいないとさ
2016.07.24 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
曇り空の朝はテンション低め
低くなった体温を上げるにはペダルを漕ぐのです


二日連続のサンティスも雲の中


400mのヒルクライム、朝御飯前にはキツかったか?


山頂には、アッペンツェル犬くんの出迎え


下りはどこでもフルーム気分さ
2016.07.23 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ホテル駐車場で飛び準備をしてたら
何やら甲高いエンジン音が坂を上がってくる、テストコースで聞いてたV8?V10かな


隣にやって来たのはフェラーリ458イタリア、V8のすくむような音色に惚れ惚れ
ジュネーブから一泊旅行でいらした御夫婦
夫の趣味が車集めですのよと、困った風
僕だってトミカなら集められるさ


パラ集めだってやってるもん
ヴィンテージ物からプロトまで、倉庫にゴロゴロしてるぜ


なんてたって、俺の愛機は空を飛ぶんだぞ
飛べる車はボンドカーくらいでしょ

さっ君ならどっちを選ぶかな
僕は迷わず⚪⚪⚪さ
2016.07.23 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スイスの東、ライン川との国境近く
周辺の山々を見下ろす山頂にそれはある


遥か彼方にそびえる雪山の上
ときおり雲に隠れる


近くまで来ると更に異様な様を見せます


天空のアルカトラズ、360度の岸壁からは何人たりとも逃げ出せません
塔の先端には人影らしきものが、、
Pちゃんお先に攻略成功しといたよ


はー無事に脱出成功、気分はクリント・イーストウッドさ


夕方はヒルクライム、ひとっ走りすれば晩御飯は格別さ
2016.07.20 Wed l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top
ようやく山から降りたら晴れ間が
なーんだスイスも太陽がでるじゃない
せっかく晴れてきたなら飛ぶっきゃないでしょ


えっ晴れ間がないって、細かい事は気にしないのがスイス流
僕らはいつでも飛べればハッピーさ


なんか光が射してきたよ
もー早く行くっきゃないでしょ
なんてったってガイド、みんなが出ないと飛べないんだよ
あっ、自分が飛びたいだけっしょ!


なーんとなく雲底に到着、減率良いからリーサイドがほよほよしてる


さっランディングに向かいますか
丘の上ホテルLD、美味しいごはん?が待ってます


なんとLD半分は必殺うんこ巻きエリア
降りたらエンガチョ!


夕暮れ時になると青空が広がり始め
真っ赤な夕陽が湖に落ちていく
今さら晴れるなんて遅いんだよー
太陽なんて嫌いだー
2016.07.19 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
雪山を後にして目指したのは
007のシルトホーン


の中段にあるSuppenalp小屋
天気が良ければ裏庭にトップランしたのにな~



山小屋の夕飯と言えば、鮭に味噌汁?
いえいえ、スイスといえばフォンデュでしょ
山盛りパンに溶けたチーズをたっぷり付けて
次々とお口にポンッ、やめられない止まらない♪チーズフォンデュ


朝御飯をいただいたら、腹ごなしにTOまで担ぎ上げ
尾根をぐるっと回ればどこでも出れちゃう


TOへ着いた~、と思ったら真っ白
おまけに気温は零度に近い


よっしゃ~雲の下までワープするぞー
作業の車をヒッチハイク、下の村までドナドナ♪


めでたくMuren谷まで降りて来ました
はー下界の光は眩しいね✨
2016.07.15 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ゆっくり起きたら
お外がえらいことなってます


テラスは真っ白、10㎝は積もってます
視界は10m、風はないけどね


玄関前に積もった雪掻きに精を出します
朝飯前の労働は気持ちいいね


スイス手袋に今日も雪が降りかかります
2016.07.14 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
はるばる登って来たのは超有名なファルスト
標高2,200は絶景?のはずなんだけど

なゎんも見えません
眼前に広がるアイガーは雲のなか


晴れてたら、こんな景色で飛べちゃいます


スイスの夏は、積雪5㎝、冬まで続く長~い夏なのでした
2016.07.14 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
チルアウトベースに戻ると、何やら騒がしい
ミリアム(カリ奥さま)がいらしてる、一緒に来てるのは

20160712134546ac7.jpg
二人のお嬢様、お伽の世界から抜け出してきたよう
クララってこんなでなかったかな
こんなに可愛いのに運動神経抜群なんだって
将来オリンピック選手間違いなし、やっぱり血筋ってあるんだね

2016071213454810c.jpg
こちらは一仕事を終えて、日も高いってのに飲み始めてるオンジ
景色最高、今日もチーズがうまいぜ!

あんたも間違いなく血統書付きだってさ
ただし、駄馬のだけどね
2016.07.12 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
長かった一週間もあっっという間
今日は久し振りの休養日?って仕事だったの

20160712034655e35.jpg
のんびりテイクオフへ上がって行ったら、見たことあるパイロット
ガリガリ君のLECIENが彼女?とタンデム、すかさずパチリ
きっと何かの役に立つに違いありません

201607120346553c6.jpg
何度目かのトライで、ようやく裏山ニーダーホンに取りつけます
このルートは勘と運がものをいうのです、パラに絶対はないことを再認識

20160712034657c2f.jpg
尾根線まで上がればガンガン
吸い上げでスパイラルの連続でアンテナを目指します

2016071203470041e.jpg
途中で見慣れぬBGDと一緒にセンタリング
何々、なんとかLightだって、さては噂のあの機体かも
月末の獅子吼で使用する予定、結構飛ぶじゃないですか

20160712034701247.jpg
あっという間に楽しい時間は過ぎて
そろそろ約束の時間が近づいて、後ろ髪を引かれる思いで町に戻ります

1時の鐘の音がなると同時にランディング、はーやっぱり楽しいぞ




2016.07.12 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ひとしきり飛んだら腹が減ります
さっランチに繰り出そうか
なんて悠長な事は言ってられません


午後の陽射しが当たり始めたシーニンゲプラットへ


テイクオフはやたら広いよ
あっと言うまに上がって来るのはカリプロト


トップアウトすればアイガー丸見え
至福のフライトが待ってます。
尾根上をあっちへ行ったり来たり


至福の癒しフライトは、あっと言うまに過ぎて
8時前にはお家に帰って、夕飯の支度をしなくっちゃ
2016.07.10 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝から雲ひとつない空
なんか低めの逆転層がある気配


湿度40%、気温15℃、お外でセミナー、後ろに見えますのはユングフラウで御座いま~す
景色は最高なんだけどね


気温減率がいまひとつ、雲底1800しか?上がらんし、サーマルも渋々予報
なんとなれば、ウィークサーマルの練習をしようと、近くの山へ向かいます




山頂レストランで腹ごしらえ
僕はどっちを食べたでしょうか?
なことはサーマルにゃ関係ないって



弱いと思ってたら、案外強いじゃない
あっという間にトップアウト、ニーダーホーン(2,000)が遥か彼方に


雲底2300はとっても涼しいよ、厚着してきて良かった


機体はカリに借りてきた
ロゴだらけだから目立つんだよ、下手な飛びは出来ません


ひてしきり飛んだら、対岸目指して出発
広~い湖だって、みんなで渡れば怖くない?


ぐるっと2時間ほど飛んだら街中の公園にランディング
はー今日も飛べて良かったね

と思ったのも束の間、イブニングフライトへ行くんだとさ!
2016.07.08 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
スイスといえばチョコレート、スーパーには棚1列全部チョコレート
とっとも甘いものが好きなお国柄


お昼御飯にも山盛りポテトの後はデザートをペロリ
フライト後のビールだってスプライト割りのパナッシュさ


こちらはサラダにソーセージセット
コーヒーはミルクだけ、日本食が健康的なのでなく、甘いものが好きかだね


ランチの後はルート説明、TOで上げたら裏山走って岸壁に取り付いて
リッジを二三個越えて湖見えたら、エイヤッとリーサイドを突っ切って町まで帰ります
直線なら30もないそな、行く手は阻む岸壁はたくさんあるけどね


マルバッハのTO、バレーがサイドから入って上げずらい、西向きだからサーマルも散発的
上がってもすぐに降りちゃうから、スタートが出来ません
スイスのサーマルはチョコほど甘くはないのです


サーマルがなくなるタイミングで、裏側にポロッ
シンクがきついが後戻りは禁物、あー降りちゃう~っとところでサーマルヒット
きっちり雲底着けたら、岸壁向かって移動開始
インターラーケンの町はまだまだ遠いのです


遥か彼方に町の湖が見えてきましたよ
さてさて、どうやって行きましょうか
途中に降りると歩きが長そう、きっちり雲に付けてっと
あー高度がみるみる落ちて行くよー
ちゃんちゃん。

甘くない条件の中、H夫妻は揃ってゴール!、やりますね。
2016.07.07 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
スイスと言えばチーズにチョコレート
美味しいのは確かだけど、毎食はね~


やっぱり味噌汁が上手いんだな
今回はワカメを忘れたのが心残り
フリカケも無くなりそーだ
2016.07.07 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
予報通り青空が広がり始めた
スイスキャンプ初日から良さそうな予感



はやる気持ちを押さえつつ、機材のチェックはしなくちゃね
それ行けーとTO、タンデムが押し寄せる前にスタートだ


ずいぶん平らになった牧場TO
一気に広げて、せーのでスタート


あっちゅう間に雲底着、20キロほどのウォームアップフライト開始
リーサイドの素直な?サーマルを乗り継ぎます



アイガーが雲から顔を出し始め
スイスアルプスがいらっしゃいと歓迎?してる
2016.07.03 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
空港降りたら土砂降り!
やはり、今年のヨーロッパは飛べないのか?


と思いきや、晴れてきましたよ
今日からずーと晴れ予報さ
2016.07.03 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
久し振りに陽射しが拝める予報
ましてや穏やかに晴れる、ほんとかな~


やってきたのはSこまエリア
のんびり担ぎ上げて、待つこと1時間
厚かった雲間から青空が覗きます


めずらしく焦らずブローを待ちながら準備万端
普段なら二回目のブローでスタートするのにステイ
3回目ですかさずスタート、いやー大人の飛びになってきたでしょ
さっそくLDからのサーマルでセンタリング
下からトンビが回して来たけど右回り
あれっ今日は1日だから左回りだぞ、何て事はトンビにゃ関係ない
高度が同じになる前に右旋回へ変更よし、ここで恩を売っとけば、今度は助けてくれるさ
えっ、とんびの恩返しなんて聞いたことないって

雪が深々と降る晩に、コンコンって来るらしい
って、そりゃ鶴だろー❗
2016.07.01 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top