FC2ブログ
いや~毎日よく降るね
なんてったって梅雨真っ只中、降ってくれなきゃ困るってもんさ
とは言え、飛びたい気持ちあるんだな


ならば晴れるとこまで飛んでっちゃう
このエンジン、空気流入部分がカーボン製?、美しいカーブ、スリスリしたくなるのは僕だけ?


はるばる、あっという間にI屋エリア到着
晴れ間も出て来て、何やら楽しそうです
さっそく試乗をして頂いて一緒にTOへと、さっと飛んでLDでお待ちします
たんにぶっ飛んだだけだけどさ


夕暮れまで沢山飛んで長い一日が過ぎて行きます
雲底が低くたって、雨がぱらついたって、僕らはへっちゃらさ
明日は晴れ予報だから乾かせば問題ないさ~~
スポンサーサイト



2016.06.28 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東北岩手へレッツゴー
おニューのタイヤで快適ドライブ
のはずだったけど、やっぱり500キロは遠い〰


安比高原は爆風フォロー、ミニウィングでも敵いません
なにやら強風でも飛べる不思議なエリアがあるとやってきたのが
盛岡近くの天峰(てんぽう)エリア、石川啄木の出身校の裏山だった
強めの風はグース日和、グリグリ回して上がっちゃう
ほどなく穏やかになり、キュアに替えて尾根先を狙ったら
何故か全く当たらず撃沈、機体性能に慢心してると痛い目に遭うってことだ


しっかし、このエリア、裏山のわりにTO後方に起伏がずーと続いてる
春先の雲底が高い時ならXC行けるんじゃなかろか
次回は調べてXC行っちゃう、まずは熊避けスプレーが必要か⁉
2016.06.25 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年に入って走行距離がみるみる伸びだした(あっ中馬に20へ行きそうよ)
まーた遊び歩いてたんでしょ、って返す言葉が見つからない
いえいえ珍しく、営業回りに精を出したわけ


とうぜんタイヤはツルツル、雨の季節にゃ走れません
あれ?、梅雨時は海外逃亡してなかった?
まっ細かい事は置いといて、これで安心さ
2016.06.25 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
はるか昔、まだ僕が輝いていた?ころ
って、そんな時期があったんかい
確かにおっしゃる通り、万年2位だった頃ですよ


九州で開催された世界選手権
風に合わせてTOを選び、ヘリまで使ってやったんだ
平尾台も会場のひとつ、貫山山頂を刈り込んでTOに変身させ
100名以上がソアリング、中国チームはソアリング練習(タスク中ね)
だだっ広いカルスト台地を縦横無尽に飛んだのさ


ひとっ飛びしたら、ひとっ走りでしょ
夕方のカルスト台地は人影もまばら、走り放題


台地には岩がゴロゴロ、転んだらボコボコになっちまう
岩の隙間を猫のように体を細くして抜けてく


だんだん快適なシングルトラック
最後は草の生い茂る草原の道を抜けてさ

あー楽しかったと思ったのも束の間
夕方から大挙して現れた虫さん達にボコボコにされたのでした
2016.06.25 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
九州は大分にとっても大きな楠木があったそうな
どんどん大きくなり、ついには天まで届くほどに
村は枝葉の陰になり作物が育たなく、とても苦労してました
そこでジャックが木を登り始め?
あれっ、物語が違った


親切な大男が木を斬り倒してくれたみたい
って、どんだけデカイ楠木だったかというと


山頂には駐車場や立派なトイレ、三方向にTOまで完備
至れり尽くせり、こりゃ飛ぶっきゃないでしょ、


確かに切り株の形をしてます、山頂は平だし
しっかし、どんだけ大きな木だったんでしょ
切り倒した大男ってどんだけ?


不思議と回りにはサーマルが集まって
昼過ぎから日が暮れるまで飛んでられます
間違いなくパワースポットだね、九州は侮れないよ
2016.06.23 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ある晴れた日
大分県のとある山並


こんなに天気が良い日になにやってるの?
ご覧の通りにハイキングしてるのよ、積雲が出来始めると落ち着かないけどさ


お目当ての山が見えてきました
何やら頂がピンクに染まってます
近くのハイカーに、あれは何?と聞いたら
え❓、知らないの❗と絶句、あんた何しに来たの
私は、え~と、ん〰と、答えられません


山頂到着、やっぱり岩がゴロゴロ
そーだよね、草一面の頂上なんてあるわきゃないか
しっかし登山客の多いこと、シニア層に混じって若手もいます


みなさんの目当てはこの花です、ミヤマキリシマっていうツツジみたいな花
山頂付近に競って咲いてます、高い所が好きなんだね、誰かさんと一緒だよ


みーつけた、花園横にきれい笹原
フワッと広げてポンッと出れば、一気に雲底だね

次回はフェザーと一緒に上がって来ちゃう
2016.06.17 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ついにベールを脱いだ!
えっ、あんたはいつだって直ぐ脱ぐでしょって
いやいや私じゃなくってハーネスがですよ
なんてったって一年近く待ちましたから


ジャーン、🐼パンダみたいでしょ
あっ違ったシャチみたいでしょ
空中で素早くサーマルに食らい付く姿は
獰猛なシャチそのもの、どんな小さなサーマルだって逃がしはしません
Neo社 The string with leg cover ハーネス(本体重量700g❗)
コンテナやカラビナ込みでも1キロ以下だよ



レッグカバーのカーボンプレートを踏み込めば、ハーネス剛性もバッチリ
腿裏のABSプレートが足をホールドして、長時間フライトだって快適よ
最新素材ダイニーマグリッド生地&ウインドストッパーのハイブリッド構成。外気をシャットアウトするから暖かよ
カラビナはNEO社オリジナル、非対称形状で美しい仕上がり、左右でカラーを変える懲りよう(このパーツを作ってたから半年以上遅れた!)
さらに驚くべきは、製造はフランスのアヌシーにある自社工場、Made in Farnce。ルイヴィトンと同じですよ。
さらに凄いのは、材料素材もすべてEurope製なんだとさ。いったいどこまで拘るんでしょ


梅雨の合間に満面の水を湛える筑豊平野
フラットランドのサーマル拾ってしばし戯れ
いやーやっぱり空って楽しいね
2016.06.13 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回の指令は新型キュアSでシリアルトップを狙え
ブルース君に相談したら、重量オーバーは厳しくないかいと、
大丈夫です減量するから、え?Mに乗った方がいいよだってさ
男が一度決めたら変えません、減量なんてチョロいもん
なんて簡単にはいかないのが世の常、トム・クルーズはあっという間にやせるのにさ


当日は、最後の悪足掻きで担ぎ上げ減量作戦
付き合ってくれたI君は30キロ、ヘロヘロで飛びもヘロヘロ?


途中の展望台、バラは分かるがウサギは何故?ピョンピョン飛ぶからかな
TOまでの道程は思ったより遠く、到着したらブリーフィングが始まった
過去に朝イチMTB行ったら、道に迷ってゲートオープンに間に合わなかったよりいいか


エアースタートに備えて高位置キープ
小っちゃな機体で浮くのか心配したが、バッチリ雲底?へ行っちゃうよ
アクセルテストやグライドチェック、なんかいい感じです


よっしゃ~とスタート切ったら、フライング⁉、やってしまった
ここは焦らず再スタート、遥か前方を集団が移動してきます
どん尻からフルスピードで追い上げ開始


しかーし、ゴールに辿り着くも半数以上がコンプリート
いやー悔しくって枕が濡れちゃいました(ヨダレかもしれんけどね)

次回に備えて、更なる減量作戦開始、軽量ポッドに軽量メット、軽量バリオ、忘れちゃならない体重もね。ついでに頭も軽くしちゃうよ

Mission impossibleはまたまだ続くのでした
2016.06.08 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
中々流行らないね~、何がってさ、あれですよ
そっ、某パラワ誌のKさんが提唱するやつ
ハイク&フライってやつですね、なぜマイナーかって


そりゃ~重い装備を担ぎ上げなきゃならないから?
確かにノーマル装備は軽くても10キロ以上、そうとう鍛えないと厳しいね
そこで軽量機体&ハーネスの出番、軽量レスキューも忘れちゃならない
機体4キロ以下+ハーネス2キロ+レスキュー1.5キロ、軽量ザック&メット、合計10キロで入門編かな
ハイク専用セットなら、機体3以下+ハーネスザック1キロにレスキュー1、メットも入れて6キロなんてのもあるよ
ただし、軽くしてくと、財布まで軽くなってくから注意だ


丈夫な足腰に軽量装備を手に入れたら
やっぱり登ってみたいよね
おっと、その前にTOの場所やら風向きやら事前調査で登っておかなくちゃ
いきなり登って飛べるなんて滅多にないよ
特に日本の山は木で埋め尽くされてる
小さな空地から出るには、ショートラインは有利だよ


今回も機体はグースLフェザー3.2キロにNEOリバーシブルハーネス 1キロ
ショートラインで狭くたってヘッチャラ
飛び立てば滑空比10+は伊達じゃない
このままクロカンだって行っちゃうもんね
2016.06.02 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top