FC2ブログ
XC2 4日目
天気は快晴にはほど遠い状態ではあるが、雲底は少し上がり始めてきました。
ゆっくりと準備を進めて、永らく暮らしたビラともお別れです.さすがに1ヶ月も暮らすと名残惜しくなるもの、時おり乗っていたMTBも地下倉庫にお蔵入りです.来年は110mmのフロントサス(RONIN)を運んできて、フリーライド寄りに改造予定です.そして小さめサイズのMTBをもう一台運んでくるつもりです.MTBツアーに日本語仲間がいれば楽しさ間違い無しです.
IMG_0791_convert_20090729092350.jpg

 今日の課題の岩壁スリスリテクをしっかり学んだ後は、カンデルシュトックに移動です.その昔、エル‧デ‧Kと言う翼があったそうな、この地はトリエールというインテークのない翼で埋め尽くされ太陽が隠れて見えなくなり、町の人々からたいそう迷惑がられていたらしい。ある時、耳付き帽子を冠った笛吹きが現れて、笛の音色とともに翼たちを何処かに連れて行ってしまったとさ。
そんな伝説が残るカンデルシュトックも昔の静けさを取り戻し、訪れるフライヤーも疎らでしかない。テイクオフには6人も乗れば一杯になってしまう、今にも落ちそうなゴンドラに乗って岩壁を一気に駆け上がる。降車駅横には牧畜家の家と小さなレストラン、15分ほどの急峻な道を担ぎ上げるとお花畑件テイクオフに到着です.
 分厚い雲に覆われていた空に一筋の光が差し、雲間に青空が見え隠れる。ひょっとしたらサーマルが出ていたりして、淡い機体を胸に調子を取り戻しつつあるT翁がスタート。がっ、あっという間に崖下に見えなくなり二度と姿を現す事はなかった、笛吹きに連れ去られたみたいにね。後続組みはじっくり様子をみて町に日が差し始めたのを待ってテイクオフ、僅かな希望にしがみついて岩壁をひたすら磨きます.岩肌がつるつるになり始めた頃、対岸にも西陽が射し始め、谷を渡ってしばしのソアリングを楽しみつつ、LDクローズ間際にランディング。温かなビールを片手にチップス頬張り、乾杯です.明日のビッグフライトを夢見つつ、電車に車ごとのってブリッグへ移動します.
 今日のお宿はfirshの山上ホテル、ジャグジー入って極楽気分、美味しいスイス料理?デザートを平らげて、スヤスヤ眠りに着いたのでした.

スポンサーサイト



2009.07.29 Wed l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
XC2初日 変な奴らがやってきた
キャンプも大詰め4週目ともなるとパイロットも変なのが増えます.と言うよりまともなのは僕だけ?になってきた。個性派揃いの4週目の初日は小雨です.全員で小雨の中を喜々としてテイクオフ、やっぱりおかしいパラは雨の中を飛ぶ物じゃないよ。ましてや雨の中を回して上げてきゃしない。
IMG_0757_convert_20090729084732.jpg

 でもって夕方には雨も上がって2本目はシーニンゲプラットに登山電車で登ります.タスクはどんな手を使っても良いので、出来るだけ高くメインランディングに到達するというタスク。上がりそうもない空に向けて一斉テイクオフ、おのおのが好き勝手な方向に向かいます.さすがに尾根裏だけは禁止だけど色んな所に散って行きます.山さんがすかさずサーマルをヒットすれば、周り中から寄ってたかってサーマルを食い散らかします.砂糖に群がるありんこみたい、良くいうと花に群がる蝶さながらです。サーマリングのテクニックだけは確実に平均以上です.先が楽しみ(思いやられるとも言う)なメンバーがやってきました。結局、谷奥でヒットしたKみちゃんが上げ切ってトップ賞、Kボスからお褒めの言葉を戴いてました。何故かこれが嬉しいんです.
IMG_0761_convert_20090729090758.jpg



2009.07.29 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
XC1最終日、天気はいいのに風がちと強めです.
アーミスビルから、リーサイドサーマルを狙って
各自テイクオフです.後半組みは雲底に着けてから
ハーダーカームへ向かいます.
IMG_0721_convert_20090720064349.jpg

向かった先ではバッチリなソアリングタイム、
タンデム屋さんが次から次ぎへとやってきては
消えて行く中を、チル組はひたすら飛びます.
IMG_0742_convert_20090720065407.jpg
Sさんもゆっくりインターラーケンの空を堪能します.

そろそろLDクローズが近づく頃、暗雲が立ちこみ始め
ホイマッテには強風ガストが入ります.あわやのランディングも
あったけど全員無事でした.
夕方からシーニンゲプラッテに登り、最後のチルアウトフライトを
楽しみました.




2009.07.20 Mon l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
崖っぷちフライトした後は、ビラに戻って遅い昼ご飯
朝の残りご飯に、みそ汁掛けて卵でチンします。
ん~、やっぱりご飯は美味しいぞ.炊飯器持ってきてよかった。

お腹が満たされたら、後は飛ぶだけです。
強風だけどツン湖横のリューゲブルックリーなら行けそうです.
でも、到着する頃には白波がたち始めて希望者2名だけのフライトに
なりました.さsピーが横風にたたかれながらテイクオフし、
Kさんもテイクオフ。見張り役でしんさまも出ます.
大気は不安定なので、どこでも上がります.1時間ほど
飛んで雷の前にホイマッテに降りました
IMG_0708_convert_20090719222146.jpg

ササピーも飛んでます
IMG_0743_convert_20090710232435.jpg



2009.07.19 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
5日目の課題はサーマル疑似体験?
ムーミン谷奥のMurrenから飛んで800mの崖っぷちで
センタリングの練習です、と言っても雲ってリフトはありません。
旋回しながら6m/sで落ちてく練習?、発送の転換ですね.

IMG_0705_convert_20090719183955.jpg
T翁も挑戦しますが、「ダメだこりゃと宣ってます」
出来なくたって上がればいんですよ。

午後からはグリンデルワルドで岩壁スリスリ上げの
練習です.慣れないとちと怖いです.(なれても怖いか?)
IMG_0701_convert_20090719184548.jpg
よく見ると小さな機影が映っています.
岩壁の左横からテイクオフして捻り上げて行きますが、
先に出たMてぃとHろんはランディング寸前から、グランドサーマルを
引っ掛けてテイクオフに戻ってきます。K林ボスも驚きの
復活フライトで二人は岩壁に消えて行きます.





2009.07.19 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
XC1の四日目、今日もスッキリしない空が続きます.強風も続きます.
こんな時はMurren 谷に出発します.ムーミン谷じゃないから
スナフキンはいません、代わりに春日がいます。
P1040787_convert_20090712005027.jpg
カリって若林に似てるよな

ポスターでお馴染みのラウターブルネンからロープウェイに乗る事
10分、駅裏のテイクオフまで担ぎ上げします.
IMG_0683_convert_20090719170612.jpg
ちょうど雲底からテイクオフ、Murren谷の奥を目指しますが、
この後、彼に悲劇が起きます.荒れた中でSpeed to Flyの練習を
始めた瞬間、翼が無くなりあわや滝の藻屑となるところでした.

IMG_0688_convert_20090719171158.jpg
ランチタイムも賑やかなこと






2009.07.19 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月8日XC1の3日目です。
朝からシトシトと氷雨が降り続けます.
TO とLDの解析をし、午前の講義を終了する頃には
微妙に日が差し始めます.
IMG_0674_convert_20090708015310.jpg
濡れ濡れのリューゲブルックリーTOへ速攻移動し、
みんなが降りるとまた降り出しました.この間30分
、レダー頼みの瞬間飛びです。

2009.07.19 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ジーメンタル谷のニーダーホーンから10kmのクロカン
練習した後は、スイス料理の東横綱ラクレットを食しに
山の上レストランへ出かけます.
食事前の一風呂は常識です.
P1040759_convert_20090708012539.jpg
足湯も最高です。

P1040758_convert_20090715140950.jpg
いわゆる五右衛門風呂だよ。
これがほんとのチルアウトタイムです.

2009.07.15 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
やってきました3週目、怒濤のスピパラから一夜明け、
お仕事に復帰です.スピパラ後に行ったMTBトリップの
心地よい疲れを引きづりながら、いつものブリーフィングが
始まります.相方のMr,k も気合い一発と早朝からレッドブルを
箱買いしてます.
IMG_0664_convert_20090714144253.jpg

ボロなガイドをよそに、みんな元気にテイクオフに登ります.
Tさんは通称57才、ブー6に10kg積んで35kをひょいひょい
担ぎ上げてきます。元気の元は特性青汁?と具沢さんみそ汁、
朝から美味しく戴きました。グルマンK男さんも美味しいお酒
目指して登ります.さわやか笑顔は余裕の3週目Mティです。
P1040773_convert_20090710022053.jpg

ブッリエンツから飛び出して、メレンゲまでのショートタスク
何故か1名ルツェルンに向かった?M嬢がいたけど、みんなウォームアップ
完了。ランチ後は驟雨が来たので近くにあった氷河渓谷を見学します。
話題は夕飯は鳥にするか牛にするかで揉めてました.
この人たちに観光という文字はないらしい、景色に鈍くなり、
風に鋭くなれば一人前のパイロットも近いぞ。



2009.07.14 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P1040710.jpg
これって何かが間違ってると思わない?ミニパラじゃなくて
スピパラだよ。こっちではスピードフライって言うらしいけどね.
スピードフラーヤー養成講座を、師匠のMr.B にきっちり受けて
(立ち上げ2回、その間5分!)不安を胸一杯に秘めて登山電車に
乗り込みます.向かうニーセン山頂、高度差2000mを一気飛び
です。操作とランディングは空中で練習します。ブレークポジションは
パラと逆でフルグライドが60km最悪滑空比になるらしい。
テイクオフは40度ほどの斜面を駆け落ちると、浮きました。すかさず
トリム全開でフルスピード、ばかっ早です。60kmなんて嘘っぱち!
余裕で80kmは超えてます。飛ぶというより落ちてく感じが永遠に
続きます.ランディングは広い草地、吹き流しは?当然ありません。
追い越して行ったMr,KとBは両方向から進入してます。
えーいままよとKに向かってフルスピードで地面1mまで突っ込みます.
あわや激突か~~ってところでフレアー開始、フレアーする事50m!
なんとか足で着地出来ました。Kと熱い抱擁を交わしながら、生きてる
素晴らしさを噛み締めましたとさ。
IMG_2219_convert_20090720071446.jpg
このサイズは風呂敷サイズとしか表現出来ません

P1040723_convert_20090705071546.jpg
親分Kの機体は7㎡、飛んでる姿は風呂敷に乗ってる忍者そのものです。
3人だと赤影、青影、白影参上(古過ぎ!)

2009.07.13 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は土砂降り予報だぜ! サーマルキャンプ2最終日
レンクの空はまだ青空なのにスイス気象台はつれないぞ。
でも、チルアウトキャンプは諦めたりしないんだ、
ボスの辞書に不可能という文字はない(つ~より辞書持ってたかな)
早速、一番西側で積乱雲から逃げてグスタットにやってきます。
が、ここでも事件が、チルアウトの行くところ事件あり、
スイスNO1リゾート地のゴンドラが途中でストップ、
中間駅でゴンドラが外れて落ちたらしい.待つ事30分
ようやく山頂に着いたけどフォローの風がきっちり頬を
通り過ぎます.低い方のTOから雷雲めがけてスタートです.
残された時間は20分のみ、最後の時間を惜しみつつLDでした。
IMG_0656_convert_20090713002534.jpg


2009.07.13 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
チーズ攻めから一夜明けて、レンクの空は五月晴れ、
スイスの空っていつも青いんだよな~。
朝からカマンベールチーズを性懲りも無く食べて、
いざテイクオフに向かいます.当然LDは見えませんし、
サーマルはやっぱりリーサイドに待ってます.
昼前に全員テイクオフして、タスクは20k以上、
毎度の事ながら適当にタスクを設定して、自己申告で
パイロンを回ります.予想雲底高度は2800m、
相手に不足はありません。手強いリーサイドサーマルを
何故か皆さんスカッと上げて雲底到着、んっ?これって
XCキャンプだったかなと錯覚を起こします.老いも若きも
雲に消えそうです.ま、まずいです、やっぱり雲中は
全世界共通でNG!、一番やってるのはあなたでしょ~
と突っ込みを入れる世界のNちゃんがいないのが、ちと
寂しいです.おかげで天気バッチリ、サーマルは絵に
描いたようです.今年は春日ネタで毎日盛り上がってます。
来年は突っ込み隊長のお出ましを待ってるからな~。
カリもNが居ないなりと言ってた?。

サーマル雲があちこち出来始める頃、てんでバラバラ、
支離滅裂に各自パイロンに向かいます.「こらーちっとは
見てる身にもなってまとまって動かんかい!」と心の叫びを
胸に秘めて暖かく見守ること1時間、ようやく主役が
1パイロンに到着です.ボスからはフライトアドバイスは
禁止されているので、ひたすらサーマルの場所でこちらに
気付いてくれる事を願って声援を送ります.
IMG_0645_convert_20090705044026.jpg

サーマルトップに着いてからのMちゃんの動きは、見違えるようです.
獲物を狩るチータ?さながら次から次へと動物界最速のスピードを
生かしてサーマルハントを繰り広げます.見守る僕は目がウルウル
状態、前が涙で滲んで見えません.こんな感動的なシーンへ、
やっぱり来ましたいつものシグマ7の登場です.どこで迷子に
なっていたのやら、とっくに対岸に渡ったものと思ってました。
もしかして2週目突入ですか、まさかとは思ったが、今のやつなら
不可能ではないな。
なんて思ったのも束の間、ヘコヘコと3パイロンに着いてきます。
やはり旅は道連れ世は情け、3人でスイスの谷を渡るのもおつなもんです。
4000m級のアルプスの登り口でサーマルヒット、もうひと上げして
3000m近くまで行けばMちゃんはゴール間違い無し、
上も見上げずひたすら回す姿は愛おしささえ感じます.
後は対岸へ渡って最終パイロンを取れば、夢の初ゴールです。
う~~感動のゴールに先回りして、涙のご対面をしちゃうぞ~。
が、、、もう一人いたのを忘れてました。シグマ7を対岸先の
パイロンへ送り届けねばなりません.日の当たり始めた西斜面
奥に突っ込んで、一発ヒットで終了のはずが、当たりません。
うろうろしてるうちにΣに置いてかれ、一人路頭に迷います.
IMG_0640_convert_20090709015608.jpg

連れて行くはずが、先導されようやく上げ切った頃には、
「無事にゴールしました」のコールが入り、到着した頃には
皆さんくつろぎモードになってました.
こんな日もあるんだよな~。
2009.07.09 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
知らぬが仏?
朝から雲一つない紺碧の空が続きます.
と思いきや、あっという間にニョッキニョッキと
キノコさんが発達してます.
IMG_0627_convert_20090706022123.jpg

そんなことは露知らずのメンバーはおにぎりもって
勇んでテイクオフへ急ぎます.
今日のタスクは15km先のランディング目指して
IMG_0618_convert_20090706022655.jpg
XCスタート

勇んでゴールに向かうと、いましたいましたゴール者が!
しっかり決めたのは初クロカンのPP?? でした、まっいいかな。
即席ゴールは草刈りした草原、真ん中の吹き流しが輝いて見えます.
IMG_0621_convert_20090706023053.jpg

ゴールの後は美味しい食事と相場が決まってまして
今日の夕飯は、スイスでは有名な「わんこチーズ」
別名をラクレットと言います.溶けたチーズをお代わり
自由で何杯食べられるかを競います.(うそです)
P1040602_convert_20090704211913.jpg  P1040615_convert_20090704212118.jpg
炭火でじっくり焦がします        門外不出のジーメンタルチーズ
10杯は食べました





2009.07.06 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いや~、飛べるなんてこれっぽっちも思ってなかった。
親分が「明日はTop of Europe でも行ってみる」と言ったのに
「おっいいね」と即答してしまったのが事の発端。
「でも、俺は明日会議なんで行けないからね」まじですか~
とは言ったものの、千載一遇のチャンスみすみす逃す手はないので
キャンプ参加のみんなを道ずれにユングフラウヨッホに向かいます.
3500mの地はとうぜん雪色一色、なのに短パン野郎とサポート
頑張ります.
IMG_0572_convert_20090701150547.jpg

でもってテイクオフする訳ですが、なんせ足下は雪、
しっかり潜るもんですから走れません.10人でテイクオフ回数は
30回はやりました。あ~空気が薄いって辛いもんだ。
IMG_0594_convert_20090701150700.jpg


なんだかんだの悪戦苦闘の90分が過ぎて、なんとか全員 
地球の空へ飛び立ちました.あーくたびれた。


さてさてテイクオフでもしますかと準備はするものの風が無くなりました。
エイヤっで立ち上げしたものの全く浮きません.200m全力疾走して
なんとか浮きました.雪上の走り方は右足を出して沈む前に左足を出せば
沈む前に走る事が出来るんだよ。
IMG_0588_convert_20090701151411.jpg

飛び出した後の景色は絶品です.動画もミズブロにあるから見てねー。

IMG_0601_convert_20090701152143.jpg



2009.07.04 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top