FC2ブログ
飛んだよー
あんたいっつも飛んでるでしょって
いやいや、毎日飛んでも飛びたい年頃なんです。いったい幾つになったら飽きるんでしょ、ん~鳶と一緒で風が吹くと飛びたくなるんだな
2019111407551051d.jpg

じゃジャーン、やってきましたよ。4年振りのフルモデルチェンジ、ブルース魂渾身の機体CURE2
いったい何機プロト機造ったら気が済むんだよ、3Dエミュレータ上で150機以上も飛ばしてりゃ時間もかかるわな
気鋭の若手プログラマーとタッグを組んで、プロファイルから造り上げた自信作だと
201911140755181e7.jpg

おっ!、カッコいいじゃないか
先ず見掛けが大事だよね、誰か見たいに見かけ倒しじゃないといいけど
まずは旋回からクルッ、も一つクルッ、クルクルクルクルっとな、あっと言う間に雲底近く、これって回りすぎじゃないかい。ウエイトシフト先攻で自由自在、フルバテンの翼の固さは全く気にならない
ブルースやるなー
2019111407552788c.jpg

上げきったら走るでしょ、アクセルONで目指した先は筑波山、南風強めで一緒のキュアは湯袋峠でリターン
アクセルフルにしたら、スルスルーとケーブル駅まできちゃった。Max60キロは伊達じゃないぞ
201911140755350fd.jpg

新治リターンと行きたかったけど、何故か南が上がらない。ギリギリ八郷側に零れて降りちゃうかと思いきや、微かなリフトに掴まって気長に待つことしばし、東風が入り初めて復活~、初フライトでアウトサイドは免れまさた
20191114075545704.jpg

TOに戻ってあれやこれや、フルクラップスは何度も繰り返し、アクセルONで片翼全壊潰し、とりゃ~とな。クラバットしませんよ、何回やっても回復しちゃう。
んならばフルクラップスでダイブに入れちゃうよ、せーのエイっ。バシュッ、グイーングイーン、おー久し振りの加速感だ。直るといいなーと、反対ブレークを引いてみたら、ありゃ素直に戻ってきちゃいました。フルストール覚悟だったのに拍子抜け。
やることやって寒くなってきたし、のんびりLDへ、低速も伸びてるからターゲットだって狙えるよ。
一緒に降りてきたスクール生が、見ててハラハラドキドキ、驚かしてゴメンね。

いやー、ブルース君、やっぱりあんたは天才だわ。
スポンサーサイト



2019.11.14 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年恒例のさいこまハイク&フライ
大人げない装備で参加者をぶっちぎる楽しい大会、開催場所が豪雨災害になってるから様子を見に行ってきた
20191031083931d04.jpg
舗装路を過ぎて林道へ入る所で通行止め
やっぱりダメかなー、見た感じは行けそうだけど
20191031083944a46.jpg
数百mで土砂崩れ、あちこちに崩落箇所あり
シングルトラックは無事だけど、削って作った林道は無惨な姿
20191031084003b82.jpg
LDへの進入路は、あれっあったはずの道がない
数十mに渡って崩落しちゃってる
201910310840140a5.jpg
LDまで行ってみると、いつもの平和な景色が広がってる
ランディングは無事だったか
20191031084030673.jpg
と思いきや、練習斜面は崩落して基礎の石がむき出しになってる
復旧には重機が入れるようにならないと厳しそう
車の送迎がないから、ウォーク&フライになるね。みんな否応なしに鍛えられるから、来年のハイク&フライ大会は接戦になりそうだ
2019.10.31 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ずーと前から参加してみたかったイベント
冬になると渡り鳥のよにお邪魔するエリアY崎、このエリアは完全会員制で会員同伴でなければビジターは何人たりとも門戸は開かれない。会員には世界戦パイロットを始め、有名パイロットが名を連ねており、会員数100名近い名門クラブだ
会員になるには会員の紹介者2名以上で、紹介者が保証人にならなければならない。仮会員中に粗相があったり、他会員からクレームがあれば入ることは出来ない。
最大の難関はクラブオーナーのY氏、猛禽類を思わせる顔相から鋭い眼光を発し、一度睨まれたら立ち竦むしかないのだ。オーナーがYESと言わなければ、ブルースだって飛べないんだぞ
会員資格
その1:人格者であること
以上
20191022171549906.jpg

えっこの方(K長)もメンバーなの?、いったい誰の紹介なんだ!。いーんです オーナーがOKなら問題ないのだ
遠路遙々Y県からやってきたのは
「富士山一周100キロ自転車イベント」
すでに10回を迎えるイベント、パラなのに飛べる日でも走ります

20191022171602ba0.jpg

世話役のM田翁、もうすぐ喜寿なのに偉く元気、まったくくたばる気配はありません。近頃はEバイクを手に入れて若者虐めに嵌まってる、口の悪さはクラブNo1、飛びは落ちない程度ね
サポートバスは10台乗せても余裕です
2019102217161886c.jpg

ヤバイ仕事でEバイクを手に入れて初参加のN崎さん、最初の篭坂峠を余裕でクリアー、さすがです
20191022171628b5a.jpg

第1関門の峠を越えたメンバーは20名ほど、みんなちゃんと自転車を持ってるのが凄いです。残りは90キロ、頑張って漕ぐぞー

20191022171639b8f.jpg

後半戦登り前にミルクランドでエナジーフード、冷えた身体に効く~
途中の朝霧エリアは雲底TOレベル、たくさんぶっ飛んでた、やったね勝ったな

20191022171648ed1.jpg

こどもの国へと最後の急登、Zooさんラストスパート、ぶっつけ本番で90きろ走るんだから大した女じゃ、やるときゃやるんだな、見直したよ

全員無事にゴール、みんなで走ると楽しさいっぱい、ロードも良いかもね

20191022174837cf3.jpg

この人達も「人格者」らしいぞ
脚の長さ比べをしてみました~
2019.10.22 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
台風一過、抜けるよな秋の空
のはずだったのに朝から雨降り
タンデム手伝いに伊豆へ来たけど役立たず
20191018085232030.jpg

エリアのR太郎くん、凛々しいお姿をドロちゃんに見せてあげたいわ
自慢のハーネスを着けて、今にも飛び立ちそう、もうすぐ山から飛ぶそな
201910180852424be.jpg

小雨の体験フライトを手伝ったら、R也お手製のほおばのパスタ
葉っぱをミキサーして作ったソースは絶品、ほおばファンになってしまった
ビールに合うのは言うまでもなし、N村さんと山飛び談義に夜も更けていく
20191018085251136.jpg

翌朝も雨予報、帰るだけじゃ勿体ないから途中の天城山中へ漕ぎ出した
だーれもいませんよ、あちこち道が崩壊してるから上がって来れないし、雨予報じゃハイカーも来ないか
20191018085303572.jpg
林道途中から雲の中、霧雨が降ってきた、気温がグングンうなぎ下がり
先に進むか思案のしどころ
20191018085311dce.jpg

来ちゃいました~八丁池展望台
なーんにも見えません、雨も本降りになってきた
おやつを持ってきたけど食べずに撤収、ぐずぐずしてると身体が冷えて遭難しちゃうぞ
下りは慎重にゆっくり、はー転ばなくて良かったよ
2019.10.18 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
9月も中旬を過ぎた頃、台風が抜けて気圧配置が安定したら、何処へ行くかって、そりゃ天高く馬肥ゆる秋ですから、旨いもの探す旅に出るよ
ってそこ違うでしょ、天高くで雲底が高くなるんだよ
20191010195920c44.jpg

やってきました高いお山、3000オーバーの山頂には雲がぽっかり、森林限界の2500まで夕暮れまでに登るぞー
20191010195933fdd.jpg

ガレガレの道をリボン便りにガシガシ
昼過ぎに出たから時間がない
20191010195946177.jpg
ツルツル急登の藪こぎこぎ半袖は失敗だ、擦り傷だらけになっちまった
舐めときゃ治るからいっか
紅葉もちらほら、綺麗だね~
201910101959578f2.jpg

着いた~天井の沼、透き通った水面を見るとほっとするね
でもー、綺麗な水なんだけど飲めないんだよね。下から3Lも担ぎ上げしてくるんだぜ
コースタイム7時間?を4時間弱、休息無しはきつかった
20191010201132414.jpg
暗くなる前にテント張って早めの夕食
アルファ米にフリーズドライカレーが旨いんだな、デザートのナッツもいけます
腹がくちたら後は寝るだけ、お休み~
201910102011433d1.jpg
結露でびちょびちょになりながら目覚めた朝は雲ひとつないピンクに染まる空、夜中の天ノ川も落ちてきそうに星が流れていたし
201910102011520ed.jpg
朝陽が登ってテントが乾くのを待つのよ、朝御飯はフリーズシチューにレーズンパンにドリップcoffee、荷物になってもコーヒーは持ってくよ
20191010201204184.jpg
サーマルブローが来るまでじっと我慢、テイクオフしたらいきなりトップアウト
岸壁近いからビビりながらクルクル回して上げちゃうよ
20191010201225b6b.jpg

ハイブリットのXXLIGHT2ならラフなサーマルも気にしない(嘘です、ドキドキで心拍Max)、ヨーロッパの岸壁は平気なのになぜ?
20191010201233d75.jpg

頑張って上げてみたけど裏山3000mはトップアウト出来なかった、時間が早かったからね
次回は粘って裏山から主連峰まで行っちゃう
20191010201247171.jpg
のんびり高度を下げたら河原のランディングへ向かいます
登る時に下見した場所へ向かいます、上からは何処でも降ろせそうに見えるけど、おっきな石がゴロゴロしてるんだ
2019101020125598a.jpg

降りたぞー、30分ほどのフライトだけど一瞬に感じるんだ。
時間が早く進むみたい、不思議な感覚だなー

帰路で今井浜のN村さんとバッタリ遭遇、あービックリした
2019.10.10 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top