FC2ブログ
切り株山3日目、朝からとっても不安定な天気、こんな日は飛ばずに大人しくしてないと痛い目にあうんだな
20201008190105566.jpg

昨日は行けなかった裏の万年山へ向かいます。途中の道路は先日の豪雨で見る影もなく河原になってる
自転車は担いで行けるから、どこでも行けちゃう

202010081902016f2.jpg
石段を担ぎ上げれば、小一時間で山頂到着
平らな尾根道は笹で覆われて道が全く見えない、ハンドルを緩く握って道に導かれるように走る。リフトを探しながら飛ぶときと似た感じだ
202010081902190a9.jpg
尾根道はミヤマキリシマの有名地、春が盛りだけど秋にも咲いてた、可憐な紫だけど花言葉は燃え上がる愛なんだと
20201008190236ef7.jpg
シングルトラックを慎重に下りきって林道に出たところ、調子にのって水切りでジャンプしたら吹っ飛んだ、左半身は擦り傷だらけおまけにメットもパッカリ割れてた、痛かったー折れてなくて良かったよ
里に降りてドラストアへ直行、ハイブリットエイドを貼りまくり、早く治るといいな
温泉がめっちゃ痛かった~
20201008190254830.jpg
阿蘇まで移動して遅いランチ、雲に隠れて阿蘇山は見えなかった
スポンサーサイト



2020.10.08 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
だいぶ秋も深まってきた、寒い季節は好きなんだけどじっとしてると冷えちゃうんだよな
よーし暖かい所へ行っちゃうよ

20201005084237c4e.jpg
ようやく飛び始めた国内線、お客は乗員と同数くらいしか、大丈夫かな
前回登って下見した久住連山、今回は荷物が多くて山飛びパラがないんだな

20201005084250003.jpg
昼過ぎには切株山着いた、平日だからフライヤーいないし、ハイクアップでひと汗かいて、テイクでランチが旨いんだな

20201005084304f24.jpg
午後1時を過ぎる頃サーマルタイムの始まり、北向だからのんびりなんだよ
1200辺りで頭打ち、あっちゃこっちゃ行っても落ちない、谷全体がリフトになってる
薄着で飛んだら寒いじゃないか、九州も秋突入だな
切り株で造ったテイクオフ、その昔ダイダラボッチが斧でひと振り、でテイクオフが出来たんだとさ

20201005084312b0f.jpg
実際のテイクオフは40年前にK原さんが造ったんだけどね
この方、デモ機キュア2を初見でいきなりハイバンクセンタリング、コアにグイグイ、一気に上げて遥か彼方へ出掛けて行った。とっくに引退してるのに、空へ出ると別人になる、いったい幾つなんだろ
2020.10.05 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最終日、朝から北東風強め予報、サーマルタイムになれば弱くなるだろうとテイクオフへ
昨日までの結果は総合16位、無難にゴールすればスポーツトップは固いところ、ガシガシ攻めてけば10位内も狙えるポジション。
総合トップのなりーは手堅くゴールして優勝を狙うとな、さー困ったどちらをとるか悩みどころ、今までなら迷わず勝負に出て上を目指すんだけど。
んー迷ったままテイクオフをしたら、いきなり降りそうになって焦ったよ。スタートも出遅れるし、迷うとろくなことないぞ。まずは最終パイロンまで行って考えよう。
2日目とほぼ同タスクを無難にこなして板敷パイロンから平野へ、先行するグループが上がってない、後は追わずにいつものサーマルポイントへ方向転換、一気に1150まで上げてゴールへ向かう、悪魔の囁きにのってしまう。
はずが日和って集団の上空へ、渋いサーマルで時間を費やしてしまう。確実にゴールの天使が現れてゴール高度300!まで上げてしまった。

20201003084754417.jpg

ゴール~、って高過ぎでしょ。途中にリフトもあったし。あ~やってしまった、天使の誘惑に乗ってしまった
20201003084807152.jpg

サーマルがんがんのランデイング、Sちゃんが写真を取ってくれた。コンペ機と一緒だと丸く見えるんだよな
20201003084815318.jpg

やったー久し振りの真ん中です、やっぱり高いところが好き
総合は22位と落としたけど、次回は一桁を目指してかっ飛ぶぜ

総合優勝は手堅くなりー、やるときゃやるんだこの男わさ。
2020.10.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
キャンセル明けの月曜日は敬老の日、まさか自分が対象年齢になるとは夢にも思ってなかった。
来年は飛び始めてから40年、果たして飛びのレベルは上がったのだろうか。まだまだ解らない事だらけ、道半ばな気がする。足らないのは理論でなく経験値、変数要素が多くて一般式から答えが導き出せない。
半世紀も飛んだら見えて来るものがあるのだろうか、あと10年と思いつつ敬老の日を迎える

北東強風で昼過ぎから晴れ、減率もよく雲もある。
タスクは南の猿公園と風車を2往復してから、加波山経由で西の平野を20キロ
キーポイントは尾根上から低くならないこと、集団は先行心理が働くから必然的に低く突っ込むはず
途中の写真は、飛びに集中して撮ってないんだな
スタートからの戻りもクー手前のリフトを丁寧に拾って尾根上に、高さをスピードに変換しながら集団追走、1周目で既に脱落者が出始めてる
風車手前から戻りの足尾山サーマル、次々と離脱する機体を横目で見ながら、ひたすら回して雲底へ
一気に猿公園へ向かうがコース変更、クー先から西側の裏尾根に回り込み、後ろ側からパイロンへ、ぐんぐん尾根がせり上がってくる。東の安全コースへ逃げたいが遅くなる、このアタックが成否の分かれ目、自分を信じてアクセルを踏み続ける
超えた~!、強烈なピンサーマルで一気にあげ返し踵を返してソラトピ尾根へ、尾根回りが上がってないときはサーマルの充填期間、尾根回りはシンクがきつくなるから前回りで尾根前に
下には尾根回りの機体が次々とランデイングへ向かって行く
足尾山から加波山へ、先行組は上がってない。さーどうする?
風車を避けて東か西かで回り込まねば、西からはリスクがありすぎる。ワンタスクで2回のアタックは確率が二乗で落ちるし
かといって東面は影の時間、ならば東側の裾野にあるポイントしかない。期待を持って山から離れる、35年前にロベール・グラハムに言われた「上手くなりたかったら山から離れろ」の言葉が頭を過る。
裾野に向かうEnzo3がもう一機、W田兄きだ。彼の男気ある飛びは、いつも勇気つけられる。
裾野のポイント上空、大気が騒ぎ始めた。予測が確信に変わる、アドレナリンがドバッだ。渋いリフトをひたすら回してる、あちこちから機体が集まりだし、いつしか集団になっていく。加波山を余裕で越えられるまで我慢だ、H木が早く行けと何度も見上げてる、まー待てよ急いては事を仕損じる。リフトを使いきったら、さー出発だ、西のゴールは霞の先で待っている
加波山を回り込んでからは、西の平野レグ
20200925223307a9f.jpg

いつもの西クロカンコース、勝手知ったるサーマルポイントを繋いで進みます
20200925223329ba8.jpg

途中から合流してきたY本氏はOMEGA X-alps3、Advance最新鋭機だ
二人できっちり上げきってゴールへのファイナルグライド
202009252233423e5.jpg

見えてきた、関城ゴールのウルトラライト飛行場だ
20200925223356dc9.jpg

ゴールだぜ♪、夜中に目覚めて思い描いていた、アタックしてチャンスを作り出して掴んだ瞬間さ

20200925224330b60.jpg

ゴールには10番台で着いた、みんなで喜びの記念撮影、みんな良い顔をしてるでしょ、マスクの下は笑顔なんだな
右後方のダンディなハットがW兄いだよ
2020.09.25 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
前線が活発化して早々に2.3日目はキャンセルの発表、決断が早いのは気象予測に自信があるから?、僕なら確信があっても翌日までは出せないな
選手達から飛べるとこはないのかの質問攻め、予報とにらめっこして出した答えが三の倉、足尾から3時間半で晴れ間が見える
20200924144534893.jpg

選手達が来る前にエリア到着して、校長のK野さんと打ち合わせ
やって来たのは関西チーム、が風がフォロー。明日の晴れ間を信じて解散
夕暮れ時の峠道は沈思黙考に打ってつけ、チャンスをどう作るかを考え続ける
去年の朝霧大会の失敗からひたすら飛び続けた、機体操作は目をつむっても出来るよになった
20200924144542831.jpg

夜中に目が覚めて考えが堂々巡り、明るくなって来たからハイクアップ、虫もいなくなった林道を黙々と歩く
202009241445526cc.jpg

無風のテイクオフから空へ
Kagoo2はやっぱり楽しいぞ、そーだ勝つことも大事だけど、楽しくなければパラじゃないんだ
なんか大切な事を忘れていたよ、トムくん気付かせてくれてありがとう
20200924144600e9a.jpg

ランディングには蕎麦の花か満開、新蕎麦の香りが好き
美味しい蕎麦を食べるべく悔いのない飛びをするぜ
2020092414460707c.jpg

松田組も合流して大賑わい、地元パイロットが送迎を受け持ってくれ、全員TOへ
昼過ぎまで待ったら晴れ間が出現、初日トップのT朗さがすかさずスタート、なりーと一緒にエリアを縦横無尽に飛び回る
あーきっと、こやつらが日本一になるんだろな。
客人を一通りTOさせて飛び立てば、リフトは売り切れ、ランデイング上空の弱~いリフトでひたすら回すが上がらなかった

帰り際の皆の笑顔を見送って、来て良かったかなと思うのでした
2020.09.24 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top